スタッフの独り言

スタッフの独り言

リハビリトレーナー

伊予ヶ丘の通所リハビリテーションでは
今月からリハビリトレーナー制度がはじまりました。
41
今年度から通所リハビリでは心身機能だけにアプローチするのではなく
利用者さんの生活そのもの=活動と参加へアプローチする為です。
58
セラピストは直接支援の個別リハビリだけでなく
その日のコンディショニングを整えることに重点を置き
介護スタッフが運動、活動の直接支援を行っています。
スタッフ一丸となって利用者さんの「自分らしい生活」をリハビリ視点でマネジメントしていきます。

伊予ヶ丘は療養棟も在宅復帰強化型施設として機能訓練に力を入れていますが
やはり「施設でのADL自立」と「在宅でのADL自立」にはどうしてもズレが生じます。
その「ズレ」を埋めるために、在宅での生活を定着して行く為にリハビリは必要です。
退院・退所後にもリハビリを継続して元の生活に戻ることは
当たり前の時代になってくるのかもしれません。
1210
実際に伊予ヶ丘の通所リハビリテーションを修了して
「もともとの自分らしい生活」に戻られた方が今年度に入って毎月いらっしゃいます。
修了日の清々しい利用者さんのお顔を思い出すと今でも感動がこみ上げてきます。
13
伊予ヶ丘の通所リハビリは、今、まさに
在宅での自分らしい生活を支援するために本気で取り組んでいます。

カテゴリー
アーカイブ