スタッフの独り言

スタッフの独り言

通所リハビリにおこしやす

ただ今、伊予ヶ丘の通所リハビリテーションは絶好調!
本日のフォーメーションは
トルシエJapan時代のサッカー日本代表を彷彿させる
3-5-2
DSCN5601o0364045010336268792

では、解説します。
ディフェンスライン中央には通所リハの重鎮をリベロとして配置。
脇をベテランスタッフ2人で固めてライン連携はバッチリ。
中盤には5人を配置して厚みを持たせ
ボランチには中堅スタッフ2人を置いてチームを落ち着かせます。
トップ下には新人スタッフを抜擢し
創造力あふれるクリエイティブなケアを展開。
左右両サイドからは運動量豊富な若手スタッフが前線に飛び出します。
2トップの一角には接遇も介護技術にも秀でたママさんスタッフが入り
ストライカーにはアセッサー研修受講中のイケメン副主任を据えて
今日もゴール=質の高い在宅療養支援をめざします。

そして当施設の通所リハビリには質の高いセラピストがいます。
まずはリハビリ科のリーダー A科長
DSCF3346

この優しい笑顔には利用者さんもスタッフもメロメロです。
みんながA科長の後ろについていきます。
ちなみにA科長のリハビリを受けられるのは
伊予病院の相談員さん曰く「VIP待遇並み」だそうです。
DSCN5599

動く訓練の前には入念にストレッチを行い
DSCF3361

利用者さんの力を最大限に活かしながら
「自ら動いてもらう」ことを意識した訓練に移っていきます。
なぜかというと、通所リハビリでは
「自宅での利用者さん」「人生の中での利用者さん」
「地域の中の利用者さん」「家族の中での利用者さん」
『利用者じゃないときのその人』をいかに情報収集し、イメージし
その部分を良くできるかが良い事業所の目安となるからです。

利用者さんの力やご家族の力
そして支援に関わるケアマネージャーさんをはじめとする
居宅サービス事業所さんとも力を合わせながら
いきいきとした自宅生活を支えていく
愛媛県屈指の通所リハビリテーション

伊予ヶ丘通所リハビリテーションへ
ぜひ、おこしやす!!

カテゴリー
アーカイブ