事務所便り

事務所便り

令和2年度のドラフト会議

こんにちは!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、皆さんも不要不急の外出を

控えたり、手洗いやうがいの励行といろいろ予防策を講じていると思います。

こんな大変な時期こそ、みんなで協力して乗り切りたいものですね。

さて、今年も4名の新入職員が4月1日より入職いたしました。

各部署の研修を終えて、毎年恒例のドラフト会議が本日開催されました。

「ドラフト会議」とは各部署の研修を終えて自分が働きたい部署を用紙に記入して選ぶことができる

というものです。4名の新入職員が選んだ部署を各部署の責任者に発表しています。

今回は4人とも希望した部署への配属が決定いたしました。

お互い拍手で喜びあい、そして気を引き締めてお年寄りのために頑張ろうと

いう意気込みを感じました。

 

そして、M科長より、館内放送にてそれぞれの配属先が

発表されました。少し緊張気味でしたが、全く噛むことなく

聞き取りやすい放送でした。さすがはM科長!!

伊予ヶ丘に新鮮な風を送り込むとともに、伊予ヶ丘を将来引っ張っていく

職員と育っていくことを願っている今日この頃です。

カテゴリー
アーカイブ