音楽療法士の喜怒哀楽

音楽療法士の喜怒哀楽

晩秋・七五三・文化祭 伊予ヶ丘全体音楽会 2019.11.19(火)

晩秋・七五三・文化祭 全体音楽会を、11月19日(火)13時半より、デイケアフロアにて開催しました。

11月は、いろいろな行事がたくさんあります。全体音楽会もうんと欲張ってみました。

 

♪季節の歌「どんぐり」「通りゃんせ」

楽しく笑顔で歌うことができました。

♪昔懐かしの歌謡曲は、秋の気配のするメロディー

昭和12年、東海林太郎さんの歌と田中絹代さんのセリフで歌われた「すみだ川」は、利用者様2名に田中絹代さん役をお願いしました。

懐かしく歌い、セリフもばっちり決めていただきました。

昭和32年、青木光一さんの歌った「柿の木坂の家」 まさに今柿の季節です。

こちらも懐かしく思い出しながら歌ってくださいました。

 

お楽しみコーナー

今回は、療養棟の新人職員や、リハ科長と職員も一緒にパフォーマンスしました。

♪箏演奏「おはなはん」

♪歌唱、 NHK朝ドラなつぞらのテーマ「優しいあの子」

♪歌唱&ダンス 2020オリンピック応援ソング「パプリカ」+「ラタタダンス」

みなさんとても楽しそうに、真剣に聴いて楽しんでくださいました。

歌ったり演奏したりダンスをしている私たちも、とても楽しくできました。ありがとうございます。

 

 

次は利用者様の番、今月の音楽療法歌体操「たき火」

声も高らかに、皆さん頑張って体を動かすことができました。

 

再び秋の歌謡曲から

後半は昭和後期のもの、平成のものを選びました。

細川たかしさんの♪「心のこり」

大洲の肱川あらしが吹き始めていることに合わせて「肱川あらし」

少し難しい歌でしたが、頑張って歌ってくださいました。

 

エンディングは、クールダウンも兼ねての選曲

♪旅愁・もみじ・夕焼け小焼け

最後まで、みなさんの歌声が響いていました。

 

 

これからどんどん寒くなり、インフルエンザも流行り始めます。

健康に気を付け、予防に気を付けて、また来月笑顔でお会いしましょう♡♡♡

カテゴリー
アーカイブ